キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 買取と下取りとはどう違うの? : バイク買取に関する総合情報

買取と下取りとはどう違うの?

バイク買取に関する総合情報

バイク買取と下取りの違いについてです。買取してもらうか下取りか、どちらが得かよく考えて決めるようにしましょう。

バイク買取に関する総合情報mainイメージ

買取と下取りとはどう違うの?

バイクを売ろうと考えた時、よく出てくる言葉に買取と下取りとがありますが、この二つはどう違うのでしょうか。

バイク買取というのは、バイク買取専門店やバイク屋に古いバイクを買い取ってもらうことを言います。

一方下取りは、新しいバイクを買うときに、今まで乗っていたバイクを引き取ってもらうことです。

このとき、いくらかで買ってもらえることもありますし、無料のこともあります。

これはバイクの状態によって判断されるようです。

下取りと買取は同じようなものなのですが、新しいバイクを買うのか買わないのかの違いなのです。

なんだ、それだけか、と思いますが、実は買取価格に違いが出る可能性があります。

バイク買取のみの場合、バイクを売る側からすればいくらで買取してもらえるか、交渉していくらまでにしてもらえるかと買取価格のみに重点を置いて交渉できます。

しかし下取りの場合は、新しいバイクを買うことと古いバイクを売ることの両方の話をしなければなりませんから、新しいバイクの値引き額があいまいになってしまうのです。

新しいバイクを買うとき、バイク屋に行って新しいバイクのことばかりを考えてしまい、古いバイクのことはあまり気に留めないものです。

下取り額がとんでもなく低くてもそれで納得してしまうことがあるのではないでしょうか。

新しいバイクを買うときも、一度今まで乗っていたバイクをバイク買取店で査定してもらっていくらで買い取ってもらえるか知ってからバイク屋で下取り額を確認してみると良いです。

下取りか買取かどちらが得か、得な方を選ぶようにしましょう。

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント